柏木 孝之/ホテル名古屋ガーデンパレス 管理部
やっと暑さから解放されて、どこへ行くにも楽な季節になりました。
そういう意味では「旅の秋」ですね。
旅と言っても大袈裟なものではなく、日帰りや1泊程度で気楽に。

先日も帰宅したとき、「明日ブドウ狩り行こうか」と家族で朝早く出て行きました。
果物などは摘み取る楽しさとその場で食べる楽しさが加わるので、さらにグッドです。
山梨の勝沼へ行くと大小のワイン工場があり、無料で工場見学や試飲会もさせてくれるので、運がいいと普段は口にできないような高価なワインも飲むことができますが、運転する身としては我慢するしかありません。

近所の散歩もなかなかオツナものです。
彼岸花やら、秋の七草やらこれから紅葉も始まりますし。
買い物がてら娘と二人で少し遠回りしただけで、初めての道に出たり、こんな店があったんだと発見があったり、十分満喫できました。

ただ、二十歳の娘と一緒だと、あからさまに二度見されたり振り返られたりと、なぜか周囲の視線が妙に痛いんです。
チョー年の離れた夫婦でも不倫でもないんだって、親子なんだって、と一人ひとりに言うわけにもいかないし。

柏木 孝之/ホテル名古屋ガーデンパレス 管理部