柏木 孝之/ホテル名古屋ガーデンパレス 管理部
「このみち〜はぁ〜」ではじまる生命保険会社の宣伝、ご存知ですか?

小学生の女の子が、泣きながら父親と手をつないで夕暮れの道を歩いている。

と、場面が変わってウェディングドレス姿の娘が父親とヴァージンロードを腕を組みながら、「ありがとう。」と言うと父親の顔がアップになって・・・。

見るたびに(この原稿を書きながらも思い出して)涙が出てきます。

「まだまだなんて思っていたらアッという間だよ。」と経験者は言うし。


ガーデンパレスのウェディングフェアでは
毎回チャペルで本番そのままの模擬挙式を行っていますが、
厳かながらもDL3が華やかな映像を描き出す挙式をみていると、
モデルが娘の顔とダブってしまい、毎回胸が熱くなります。

また、挙式を間近にされご両親様とお越しになられたお客様で、
幸せ満面でドレスを試着されているお嬢様のそばでなんとなく手持無沙汰でさみしそうなお顔をされているお父様をお見受けすると、
「お気持ちよくわかります。」と、つい声をおかけしたくなることもしばしば。

そこで、今年の目標は「子離れ」。

いつかは自分の道を進んで行く娘たちですから、今から心の準備をしなくては。

♪「このみち〜はぁ〜」?、あっ、また涙が・・・。
柏木 孝之/ホテル名古屋ガーデンパレス 管理部