null
「バレンタインデーの思い出は・・・
思い出せません・・・  もらった記憶がないというか、もうボケてきたというのか・・・
残念ながらお伝えできる思い出はありません・・・誰か寂しい私に一つください
小西 慶吾/写真室